2011年03月20日

原発擁護論者たちのこと(ツイッターやめたの続き)

一晩寝て起きたら思い出した。
あの連中の言いそうなこと。

「最悪のケースでも核爆発なんか起こらない...」
「チェルノブイリとは深刻度がまったく違う...」
「東京その他、遠隔地の放射能レベルは何の問題も無いのに...」

なるほどね。きっとそうなんだろうよ。それだけ自信たっぷりなんだから。
だけど、だから、何だっつーの?

現場で命を張って被害を食い止めてる人たちがいるから、そんな御託並べられてるんだろ?
誰も何の対処もせず、ガンガン熱暴走が続いてたとしても、そこに座って「最悪でもここなら健康に影響は無いから...」とか言ってられんのか?!

住む土地を追われて、いつ戻れるかもわからず、農産物、水産物はこの先ずっと風評被害を受け...そういう人たちが何十万人もいるのに、「でも、この規模の事故でこの被害で済んだのだから、やっぱり原発は..」とか言うつもりか?

どっかの女社長は「交通事故で亡くなる人の方が原発よりずっと多いのに、誰も自動車を禁止しろとは言わないですねwww」だとよ。
バカか?どういう基準で比較してんだ?

で、そういうすっとぼけたヤツに限って、現場で作業している人たちを英雄として称えてるんだよな、口先だけは。


いったん、事が起こったときに、何十(何百?)人の人たちが、何週間(何ヶ月間?)も命を張らなきゃいけないほど、あんたらは電気を必要としてんのか?
そんなにギリギリの暮らしか? 違うだろうが!!

だから、いらないんだよ、原発は。



posted by horigood at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 反原発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43925156

この記事へのトラックバック